日本ラッド株式会社採用

RECRUIT2023
日本ラッド株式会社 Takahiro S
- 座右の銘 -
人生キッカケ。
  1. Home
  2. 社員インタビュー一覧
  3. Takahiro S

PROFILE

Takahiro Sのプロフィール

IoTソリューション事業部 東日本技術部

Takahiro S

出身校
デジタルハリウッド大学 デジタルコミュニケーション学部 デジタルコンテンツ学科
趣味
ゲーム
最近はスマブラを中心にスプラトゥーンもプレイしています。スマブラではオンライン対戦を主にやっており日々自分の立ち回りを見直しています。
スプラトゥーンでは大会に向けて練習したりもしています。
                               

Interview

Takahiro S1

Q1.入社した理由、きっかけ、決め手を教えてください。

須澤社長の人柄に惹かれ。

元々BtoBかつエンジニアとしてコーディングをできる場所を探して就職活動をしていましたが、大企業とも仕事をしていると知り、興味を持ちました。また、自分自身がPMになるか、エキスパートなエンジニアになるかというキャリアパスに迷っているところがあり、そのどちらもサポートしてもらえるという説明を受けて、ここで仕事をしてみたいと思ったのがきっかけです。 決め手になったことといえば、須澤社長の人柄に惹かれたというのが大きいです。須澤社長とは、面接の時にお会いしましたが、当日面接をしているときのお話の仕方から、とても視野が広く多角的な感覚を持っているということがわかり、感動した記憶があります。

Q2.主な仕事内容や雰囲気、先輩社員について教えてください。

エンジニアやPMの方々が技術についてもの凄く詳しく、飽きずに学べる環境。

他の事業部と比べてかなりバイタリティのある事業部だと感じています。先輩方は優しく気さくな方が多いので、のびのびと業務を行うことができます。
まだ社内でもできて間もない事業部なので、いろいろと探りながら、かつ改善を重ねながら進むようなところはベンチャー企業のような雰囲気を感じます。
そのためなのか、エンジニアやPMの方々が技術についてもの凄く詳しく、飽きずに学べる環境だと感じています。仕事内容は主に工場のIoT化やハードと密接に関わるプロジェクトが多いようです。それだけではなく、ソフトウェアのみを担当することもあり、実際はプロジェクトへの配属次第、ということになります。

Takahiro S2

Q3.現在担当している仕事について教えてください。

プロジェクトマネジメントの流れなども学ぶ機会になっているので、毎日が勉強。

現在、私はIoTソリューション事業部に所属しておりますが、IoT関連のお仕事とは少し離れて、動画配信サービスのシステム開発をしています。
私が担当しているのは、動画配信サービスのコンテンツ管理向けWebシステム、フロントAPI、統計情報の生成と言ったものです。多い時には秒間数百万アクセスがある動画配信サービスであることを考慮しつつ、実装したコードの実行時間などにも気を配る必要があるので、非常にやりがいを感じています。まだ未熟ゆえに実装が考慮不足だったり、失敗することが多く、先輩方にかなり支えていただいているので、早く実力と経験を積んで役立てるように頑張っていく所存です。
また、プロジェクトマネジメントの流れなども学ぶ機会になっているので、毎日が勉強のような日々を過ごしています。

Q4.思い出に残る仕事、研修について教えてください。

大きいプロジェクトならではの側面を実感。

現在までで2つのプロジェクトを経験させていただきましたが、一方は自社開発、もう一方は大規模なシステムの開発と大きく方向性の違う2つのプロジェクトに携わっています。どちらも楽しく、また2つのプロジェクトの内容の違いを通してそれぞれどのような側面があるのかということを実感しております。
自社開発に関しては、事業部内でダイレクトにフィードバックして頂けるものなので、どういったところにこだわりを持つべきなのか勉強になりましたし、現在携わっているプロジェクトは規模が大きい分、担当する箇所がそれぞれ分散してしまいますが、多くの人数が携わることで、担当する部分が細かくなり、早いスピードで開発ができるようになるなど、大きいプロジェクトならではの側面を実感しています。

Takahiro S3

Q5.これから挑戦したい仕事について教えてください。

プロジェクトや仕事だけでなく、事業部内の改善作業にも挑戦しようとしています。

同期とともに、現在の事業部には改善することで業務の効率が上がるような部分が数多く残されているという話をしていて、プロジェクトや仕事だけでなく、そういった事業部内の改善作業にも挑戦しようとしています。また、携わってみたい仕事としては、現在はIoTから少し離れているので、事業部の名称のとおり、直接ハードとかかわる部分にも携わっていけたらよいなと考えています。
現在配属されているプロジェクトもそうですが、全体的に自分の引き出しが増えたり、技術が深まったりするような仕事ができると嬉しいなと密かに思っています。

Takahiro Sからのアドバイス

就職活動中の学生へのアドバイス

おすすめは「これは絶対に嫌だ!」というところから始めること。

就職活動は一発勝負ではないと思います。
私自身、就職活動をしていた時に想像していた社会人の日常と、現在の私自身の日常でイメージと違った部分が数多くあります(不安だった部分が実は大したことなかったりといったポジティブなものや、ネガティブなものもあります)。
なるべく就職する前と就職した後の差を縮めておくには、自分の重視する要素に優先順位をつけておくことだと思います。自分は本当に就職するのが合うのか、という根元の部分から見直してみてください。おすすめは「これは絶対に嫌だ!」というところから始めることです。
そうすることで、会社を選ぶときに迷いなく比較することができます。ぜひ試してみてください。また、自分の直感も経験に裏打ちされているからなのか、意外と当たるので、直感も大切にするといいと思います。

リクナビ2023
リクナビ2023からエントリー
日本ラッド採用エントリー
当サイトからエントリー

PAGE TOP