日本ラッド株式会社 2019年度 日本ラッド 新卒採用

BE A
GLOBAL
ENGINEER.

世界に通用する、
エンジニアになろう。

What's News
2018/03/28
4月の会社説明会エントリー(東京・大阪)を開始しました。
2018/03/01
3月の会社説明会エントリーを開始しました。
01

日本ラッド株式会社とは。

日本ラッドは1971年、PC同士をネットワークでつなぐことを誰も考えていなかった時代に「通信システム開発専門会社」としてスタートしました。
以来、最先端技術の開発をはじめ、医療現場や官公庁へのソリューション提供、人工知能を応用したシステム製品の開発、クラウド事業、ビックデータ事業、IoTの開発・販売まで幅広く事業を展開する独立系SIerです。
社名のRAD(ラッド)とは、 Research And Developmentの頭文字で、最先端技術の開発をはじめ、常に新しい分野に果敢にチャンンジし未来を切り拓こうとする当社の精神を表しています。
02

顧客企業のホームドクターであれ。

諸外国でのいわゆるホームドクターとは、「人の一生」つまり生まれてから成長していく過程でずっとそばにいて見守ってくれるかかりつけ医のことです。
日本ラッドでは、顧客である企業のホームドクターとして、顧客が成長して大きくなっていく過程においてぶつかる様々な課題のひとつひとつを一緒に解決していく頼りになる存在であり続けたいと考えています。
先進的な技術分野に常にチャレンジしてきたからこそ得た高い技術力を武器に「顧客企業のホームドクター」として社会に貢献していくことが日本ラッドの企業理念です。
03

創業時より継続していること。

当社では、クラウドソリューション事業、ビッグデータ事業、製品販売事業、IoT事業、ハードウェア開発・販売事業、ソフトウェア開発・販売事業など多様な事業を展開しております。
どの事業分野でも常に目標としていることは”新しい技術への挑戦”。
47年経った今でも、創業時と変わらず、先進的な技術に常にチャレンジすることが当社の精神であり社風です
04

人材ではなく人’財’。

独立系を貫いてきた当社。その精神は、自由でチャレンジング、かつアットホームで上司と部下の風通しの良い社風に息づいています。
社員同士の関わりも密で、特に「同期入社」の社員たちのつながりは非常に強固です。社長の須澤からも「同期入社の仲間を大切にするように」と、事あるごとに話があるほど。それは、近い将来「同期で入社した仲間」が心強い戦友となってくれることを社長の須澤自身が知っているから。そして「人を大切にできる会社こそが成長し続けられる」ことを理解しているからです。

INTERVIEW

システムエンジニア・プログラマーとして日本ラッドに入社した皆さんの、
日々の仕事やアフターファイブをインタビュー形式で紹介しています。

Ryo.H

#01 Programmer

Ryo.H

Ryo.H 2017年度入社 立命館大学 卒
第2ソリューション事業部
Mai.G

#02 Programmer

Mai.G

Mai.G 2017年度入社 明海大学 卒
プロダクトマーケティング事業部
Koichi.H

#03 Programmer

Koichi.H

Koichi.H 2017年度入社 東京大学大学院 卒
第1ソリューション事業部
Masako.E

#04 Programmer

Masako.E

Masako.E 2017年度入社 東京外国語大学 卒
プロダクトマーケティング事業部
Koshiro.A

#05 Programmer

Koshiro.A

Koshiro.A 2017年度入社 東京理科大学 卒
ビジネスソリューション部
Akira.T

#06 Programmer

Akira.T

Akira.T 2017年度入社 東京工業大学 卒
クラウドソリューション事業部
Yuki.C

#07 Programmer

Yuki.C

Yuki.C 2017年度入社 中央大学 卒
第1ソリューション事業部