日本ラッド株式会社採用

RECRUIT2023
日本ラッド株式会社 Akira T
- 座右の銘 -
遠回りでも後ろ向きでも歩けば景色は変わる。
  1. Home
  2. 社員インタビュー一覧
  3. Akira T

PROFILE

Akira Tのプロフィール

第一ソリューション事業部 開発部

Akira T

出身校
東京工業大学 理学部 物理学科
趣味
散歩、読書
晴れた日に公園を散歩したり、水族館や美術館を訪れたり、基本的に休日はゆったりとした時間を過ごすのが好きです。
                               

Interview

Akira T1

Q1.入社した理由、きっかけ、決め手を教えてください。

日本ラッドは社長を中心に人材育成について積極的。

自分が働く会社を決めるうえで大事にしていたのは「自分が成長できること」、「自分の能力を正当に評価してくれること」、「楽しく仕事ができること」という3つです。だから社長自身が技術者であることはとても魅力的でした。
日本ラッドは社長を中心に人材育成について積極的で、入社後二か月間ある集合研修では、業務に必要な技術の基礎やビジネスマナー等をしっかり学ぶことができます。
また、最先端の技術を取り入れようとする意識があり、それに関わる案件にも能力さえあれば入社年度を問わず携わることができることもあって、日本ラッドを選びました。
会社には色んなタイプの人がいますが、前向きで行動力のある方は楽しく仕事ができると思います。

Q2.主な仕事内容や雰囲気、先輩社員について教えてください。

全体的に人を大切にしようという気持ちが強く、コミュニケーションが活発な事業部。

仕事内容はお客様先に常駐する人が多く、大規模なシステムにかかわる案件もあります。
部署内の雰囲気としては明るくコミュニケーション好きの人が多い印象です。定時後に飲み会に行くこともあれば、同じ課の方とゲームセンターへ行ったり、他の課の方に誘っていただき、ビリヤードや脱出ゲームに行ったこともあります。きっちりするところはきっちりしつつ、オフはしっかり遊んでいるイメージが強いですね。笑
また、次長や課長など上の立場の方でもフランクに接してくださる方ばかりで、業務中に気になった些細なことも気軽に聞くことができ、1人でモヤモヤすることなく仕事を進めることができています。
全体的に人を大切にしようという気持ちが強く、コミュニケーションが活発な事業部です。

Akira T2

Q3.現在担当している仕事について教えてください。

「調査」「製造」「試験」をするのが自分の具体的な仕事。

事業部では社外に出てお客様先に常駐している人が多いのですが、自分は社内で開発を行っています。
現在自分が主に担当しているのは、すでに出来上がっているシステムをお客様の要望をもとに改修する仕事です。
お客様の要望をもとに大まかな方針を上長に示してもらい、そこから「調査」、「製造」、「試験」をするのが自分の具体的な仕事内容になります。
今使っている言語はもともとなじみがなかったため、言語について調べつつ調査や製造を行いました。新しいことを調べながらの作業は大変でしたが、自分が書いたコードがうまく動作したときの達成感はこの仕事の醍醐味です。
難しい部分も多くありますが、自分の手で作った物が実際に動くところを見れるところにやりがいを感じています。

Q4.思い出に残る仕事、研修について教えてください。

特に思い入れが強いのは自分の手で初めて一から作った音声認識システム。

思い出に残っている仕事は、一年目の時にかかわった音声認識システムの開発です。
音声認識システムとは簡単に言うとマイクに向かってしゃべった音声を文字に変換してくれるというシステムで、それ自体は今時スマホにも搭載されており、そう珍しいものではありません。
ただ実際に自分で作るとなると大変で、最初は調べながらの作業となりました。特に自分は未経験のまま入社したため、言語や通信について何も知らず、先輩に質問することも多かったです。そのように試行錯誤しながらシステムを作っていくのは大変でしたが、最終的にマイクでしゃべった音声が画面に表示されたときは感動しました。
このとき自分が担当したのはサーバ部分だけでしたが、自分の手で初めて一から作ったシステムでもあり、特に思い入れが強いです。

Akira T3

Q5.これから挑戦したい仕事について教えてください。

自動化ツールを活用し、メンバーが人間らしい仕事により注力できる環境を構築したい。

今興味があるのは、自動化ツールを使った作業の効率化です。
自分は入社以来、様々な開発案件に携わって来たのですが、開発作業には大体ソースのビルドやテスト、デプロイなどといった簡単な単純作業がありました。このようなビルドやテスト作業は手を動かす量が意外と多く、人の手でやるとちょっとしたミスが起こったり、多大な時間を使うこともしばしばあります。
自動化ツールはこういった単純作業を自動化したり、その成否をメールやチャットツールに通知したりするものです。
目下勉強中ではありますが、いつか自分の手で自動化ツールを活用し、開発チームのメンバーが人間らしい仕事により注力できる環境を構築したいと考えています。

Akira Tからのアドバイス

就職活動中の学生へのアドバイス

かっこよくスラスラと話せなくても自分の情報をきちんと伝えることが大事。

自分が就職活動をしていて大切だと思ったことは、自分の考えをしっかり相手に伝えることです。
自分の考え、思いをきちんと整理する。そして、それが企業とどのようにマッチしているかをなるべく具体的に確認しておくと、緊張してしまっても伝えたいことを伝えられると思います。
面接で緊張してしまうのは当たり前ですから、かっこよくスラスラと話せなくても自分の情報をきちんと伝えることが大事です。
忘れてはいけないのは、みなさんは企業に選ばれる側であるのと同時に企業を選ぶ側でもあることです。
選考ではそこに行きたいという気持ちを意識するとしっかり思いを伝えられると思います。

リクナビ2023
リクナビ2023からエントリー
日本ラッド採用エントリー
当サイトからエントリー

PAGE TOP