日本ラッド株式会社採用

RECRUIT2023
日本ラッド株式会社 Arisa M
- 座右の銘 -
袖振り合うも多生の縁。
  1. Home
  2. 社員インタビュー一覧
  3. Arisa M

PROFILE

Arisa Mのプロフィール

第一ソリューション事業部

Arisa M

出身校
関西大学 社会安全学部 安全マネジメント学科 卒
趣味
野球観戦が好きです。今年の夏も久しぶりに甲子園へ足を運びました!高校野球観戦です。
休みの日は、友達と出かけたりご飯を食べに行くことが多いですね。つい最近は豊洲にあるチームラボへ行きました。心が浄化されましたよ。
元々ソフトボールを経験しており、その影響から体を動かすことが好きなのでジム通いに励もうかと計画中です。
まずは物を揃えるところから始めます…。

Interview

Arisa M1

Q1.入社した理由、きっかけ、決め手を教えてください。

採用試験を受けた会社のなかでも、ここまで学生に熱心に働きかけて下さる会社は日本ラッドだけだった。

3月に就職活動が解禁し、当時の私はメディアや広告系の職に興味がありました。しかし、なかなかいい結果が出せなかった為、思い切って他の業界も知ろう!と考え、IT業界に目を向け始めました。
日本ラッドでは、プログラミングが未経験でも0から技術を学ぶことができます。加えて多種多様な事業に携わっているので、他の業界のことを広く学べる点においても大変魅力的でした。
ただ、生まれも育ちも関西であった私は上京するにあたって、都会で一人暮らしをすることにかなり不安がありました。
ですが、日本ラッドでは入社前から入社後まで人材開発室の方が全面的に私達のサポートをしてくださります。
私が採用試験を受けた会社のなかでも、ここまで学生に熱心に働きかけて下さる会社は日本ラッドだけだったと強く感じます。

Q2.主な仕事内容や雰囲気、先輩社員について教えてください。

共通して言えることといえば、メリハリのついてらっしゃる方ばかり。

私が所属している第1ソリューション事業部では、ソフトウェアの受託開発が主な事業内容です。
社外常駐の方もいれば、社内で開発業務をされている方もいます。
事業部の雰囲気としては、熱血かつ接しやすい方が多いように思います。共通して言えることといえば、メリハリのついてらっしゃる方ばかりですね。業務中は真剣な眼差しで画面とにらめっこしておられますが、業務後のお食事会や飲み会のときはそんな姿が嘘のように楽しく面白い方々ばかりです。つい最近は、複数の部署メンバーで焼き肉を食べに行きました!
また先輩社員の方々に対し、業務で詰まった際は即座に質問させて頂いてますが、皆さん嫌な顔ひとつせず対応してくださります。優しくとっても丁寧で、質問ばかりしてしまう自分が申し訳なくなってしまうほどです…!

Arisa M2

Q3.現在担当している仕事について教えてください。

誰が見ても綺麗で読みやすいソースコードになるよう意識。

プログラマーとして、Webシステムの開発業務を行っています。
先輩方が作成してくださった設計書を見ながら製造し、それらが完了すればテスト実施に向けてテスト項目書作成などの準備に取り掛かります。
実際にテストを実施して、成功すればよいのですがもちろんエラーが発生してしまうときもあります。その場合はどこでエラーが発生し、どの部分に影響を与えているのかを確認し、ソースコードやデザインを修正。再度テストを実施して成功するまで繰り返す、といったような流れです。
今では、ただ製造するだけじゃなく、誰が見ても綺麗で読みやすいソースコードになるよう意識して仕事しています。自分だけじゃなく、周りの人のことも考えられるようになった点については、最も自分の成長したところかもしれません。

Q4.思い出に残る仕事、研修について教えてください。

2ヶ月間で行われた新人研修が思い出。

入社してから部署配属までの2ヶ月間で行われた、新人研修が思い出です。特にPHPによるWebアプリケーション開発が楽しかったです。
研修期間中では、自らの発想力と独創性を元に、オリジナルのWebアプリケーションを開発しました。PHPでは、自ら作成したコードがそのまま画面に反映されるので、すぐに達成感が味わえます。また、修正箇所もすぐに見つけられます。
私はプログラミング未経験でしたが、周りの同期や講師の方にたくさん質問し、ワイワイ楽しく開発できました。最終日には同期メンバーの作品を目にし、自分にはないたくさんのスキルやアイディアを学べたように思います。

Arisa M3

Q5.これから挑戦したい仕事について教えてください。

デザイン構築したり、設計書を作成するなどの上流工程ができるようになりたい。

お客様と直接やり取りしながらデザイン構築したり、設計書を作成するなどの上流工程ができるようになりたいです。
さきほども述べたように、現在は先輩方が作成してくださった設計書を見ながら開発業務を行っています。それでも分からないことが多く、周りの方のサポートを受け日々業務に携わっています。
お客様がどのような課題をもち、どんなものを必要としているのか。
それらを理解し、最良のものを提案・反映できるようになることが目標です。しかし、現状私はそのような人間になるための知識・技術・経験など何一つ足りていません。今後さらなるスキルアップや資格取得を目指し、日々奮闘していきます。

Arisa Mからのアドバイス

就職活動中の学生へのアドバイス

その会社にご縁があるかないか。

個人的な意見として、「その会社にご縁があるかないか」だと思っています。
大学生の頃、所属していたゼミの教授に「自分がどうしても入りたかった企業に入社できたからといって、今後の人生幸せになるとは限らない」と言われたことがすごく心に残っています。そういった企業から不採用の通知がきて落ち込んでいる人がいても「ご縁がなかった」と割り切ってほしいな、と思います。
それにいま皆さんは、何かのご縁や巡りあわせがあったからこのページをご覧になっているんだとも私は思います。
ただ就職活動に正解はありません。どうしても入社したい!という思いが強いのならば、その企業を追い続けることももちろん良し。もっと自分に合う企業を見つけようとするのも良し。
周りに流されず、あなたらしく頑張ってください!

リクナビ2023
リクナビ2023からエントリー
日本ラッド採用エントリー
当サイトからエントリー

PAGE TOP