日本ラッド株式会社採用

RECRUIT2023
日本ラッド株式会社 Kasumi S
- 座右の銘 -
継続は力なり。
  1. Home
  2. 社員インタビュー一覧
  3. Kasumi S

PROFILE

Kasumi Sのプロフィール

第一ソリューション事業部

Kasumi S

出身校
会津大学コンピュータ理工学部コンピュータ理工学科 卒
趣味
映画鑑賞、読書、絵を描くこと。
映画はMARVEL作品を高校生の頃から追いかけています。NetflixやAmazon Primeでドラマやアニメもジャンル問わず観ます。
上京して一番感動したことは映画館のスクリーンの大きさでした。

Interview

Kasumi S1

Q1.入社した理由、きっかけ、決め手を教えてください。

重視したのはワークライフバランス。

志望先を決めるにあたって、私が重視したのはワークライフバランスでした。
企業説明会に参加してお話を聞いた際に、平均残業時間や育休取得率などについて丁寧な説明があり、福利厚生が充実した魅力的な企業だと感じました。また、これまで見てきた中でIT企業で女性の働きやすさについて言及する企業は珍しかったので、印象に残っていました。
面接でもこちらの話を親身になって聞いてくださり、こういった社員ひとりひとりに寄り添ってくれる企業で働きたいと思ったことを覚えています。実際に働いてみても、社員の方々は皆優しく、しっかりとこちらに向き合ってくださっていると感じます。

Q2.主な仕事内容や雰囲気、先輩社員について教えてください。

リモートワークで最初は不安もあったけど、チャットや通話で丁寧に仕事を教えてくれる。

第一ソリューション事業部では主にソフトウェアの開発を行っています。
現在は新型コロナの影響もあり、基本的にリモートで仕事をしています。始めは不安もありましたが、先輩社員の皆さんがチャットや画面共有を用いた通話でとても丁寧に仕事を教えてくださるおかげで、少しずつ知識が増え、技術力も上がってきたと感じています。
わざわざお時間を割いてこちらの相談に応じてくださることもあり、面倒見のいい心優しい方ばかりです。
また、全体的に向上心の高い方が多く、個人で勉強した内容やおすすめの参考書などを共有してくださるので、非常に参考になります。

Kasumi S2

Q3.現在担当している仕事について教えてください。

HTMLやCSSといったフロントエンドの製造およびテストを担当。

私は現在所属しているプロジェクトにおいて、Webデータベース事業としているお客様先でのHTMLやCSSといったフロントエンドの製造およびテストを担当しています。
製造ではお客様から頂いた要望書や設計書を参考にしてコードを改修します。テストでは先輩方が作成したテスト項目表を元に設計書通り正しく動作しているか、バグがないかを検証します。バグが見つかった際は報告し、自分で対応できる範囲であれば修正します。
現時点ではまだ新人ということもあり簡単な業務のみですが、今後の本格的な開発業務に向け、日々経験を重ねています。

Q4.思い出に残る仕事、研修について教えてください。

同期の皆と自己紹介WEBページを作成、完成したときは皆でお互いを褒めあったこと。

一番思い出深いのは、第一ソリューション事業部の同期の皆と自己紹介ページを作成した研修です。私は主にデザインおよび一部CSSを担当しました。 同期の皆でどういった内容やデザインにしたいか話し合い、それぞれ作業を分担して進めていったことで、意見のすり合わせおよび複数人でのプログラミングという業務にも大きく役立つ経験をすることができました。完成したときは皆でお互いを褒めあったことを覚えています。 また、完成したページを研修を担当してくださった先輩社員の方々に褒めていただけたこともとても嬉しかったです。

Kasumi S3

Q5.これから挑戦したい仕事について教えてください。

新しい技術が次々と生まれてくる時代に対応できる力を身に着けたい。

子供の頃からホームページやブログのデザインに触れていたので、Web関係の仕事に興味があります。
私が製造業務で担当しているのはHTMLとCSSのみですが、これからはJavaScriptやPHPを用いた開発にも挑戦したいと考えています。
また、今は機械学習やクラウドといった新しい技術が次々と生まれてくる時代なので、そういったものにも対応できる力を身に着けたいです。
私にはまだ知識も技術力も不足していると日々痛感しておりますが、将来そういった仕事に携わることができるようにスキルアップや資格習得を目指し勉学に励んでいます。

Kasumi Sからのアドバイス

就職活動中の学生へのアドバイス

自分では気づかなかった強みやアピールポイントになる経験に気づくこと。

就活が始まると、エントリーシートの作成や面接での自己PRなど、とにかく自分と向き合う時間が増えてくると思います。
私は自己肯定感が低い人間なので、就活期間は友人たちが次々と志望先に採用されていくのを見ながら「皆すごい経験や技術を持っているのに自分は……」とずっと落ち込んでいました。しかし、大学の先輩に相談したり、オンライン就活相談の方々と話し合ったりしているうちに、自分では気づかなかった強みやアピールポイントになる経験に気づくことができました。
同じようにうまく自分をアピールできない方がいたら、これまでの自分の活動を振り返り、文字にしたり周りの人に聞いてもらったりしてみてください。これまで意識していなかっただけで、本当は自信を持てるようなポイントが見つかるかもしれません。

リクナビ2023
リクナビ2023からエントリー
日本ラッド採用エントリー
当サイトからエントリー

PAGE TOP