日本ラッド株式会社採用

RECRUIT2023
日本ラッド株式会社 So H
- 座右の銘 -
cool head but warm heart.
  1. Home
  2. 社員インタビュー一覧
  3. So H

PROFILE

So Hのプロフィール

第二ソリューション事業部

So H

出身校
東京大学 経済学部 経済学科
趣味
読書、カレー屋めぐり
今年こそは下北沢のカレーフェスで、スタンプラリー賞品のTシャツをゲットしたいです。
                               

Interview

So H1

Q1.入社した理由、きっかけ、決め手を教えてください。

未経験でも活躍されている先輩社員もいるというお話を聞き、思い切ってチャレンジ。

大学の専攻は経済学部で、プログラミング経験もなければ、ITについて詳しいというわけでもありませんでした。そんなわけで、就活開始時には、他の業界を志望していたのですが、実はモノづくりにかかわる仕事をしたかったのと、IT業界が今後はおもしろそうだぞという漠然とした考えからIT業界を志望するようになりました。
最終選考の場では、エンジニア出身である社長の淡々とした言葉の中に、エンジニアとしての自負や、社員の技術力をもっと高めていきたいという思いが感じられ、このような会社でシステムエンジニアとして働くのは面白そうだな・・・と思いました。
プログラミング未経験という点は少し不安ではありましたが、未経験でも活躍されている先輩社員もいるというお話を聞き、思い切ってチャレンジしてみようと、入社を決意しました。

Q2.主な仕事内容や雰囲気、先輩社員について教えてください。

財務会計システムや金融システム、流通システムなど案件によって様々。

私が所属する第二ソリューション事業部では、主に企業向けシステムの開発・保守をしています。財務会計システムや金融システム、流通システムなどです。業務内容は、製造、保守・運用、仕様書等作成、テスト実施など、案件によって様々です。
事業部の先輩社員は静かで穏やかな方が多いです。とはいっても、後輩に気軽に声をかけてくださいますし(飲みにもよく誘ってくださいます)、わからないところを質問した際には、丁寧に説明してくださいます。そのため、プログラム未経験の私でも、先輩にどんどん質問して、問題・疑問を解決しながら、日々の業務をこなすことができています。

So H2

Q3.現在担当している仕事について教えてください。

案件が変わればまた新たなことにチャレンジできる点も、この仕事の大きな魅力。

現在はちょうどプロジェクトの狭間の時期で、次の案件に向けて準備をしています。 つい先日までは、財務会計システムの開発作業をしていました。私が担当したのは、Webアプリケーションで使用される、ある機能部分の製造とテストです。Linux環境でC言語を使用しました。どちらも研修ではほとんど触れることがなかったため、文法や操作方法を覚えるところから始め、開発対象の機能についての調査、既存プログラムの分析、コーディング、単体テストの仕様書作成、単体テスト・結合テストの実施、という作業をしました。
次の案件では、また異なる開発環境・言語を用いるため、新しいことを勉強しています。案件が変われば、また新たなことにチャレンジできる点も、この仕事の大きな魅力だと思います。

Q4.思い出に残る仕事、研修について教えてください。

バラバラだった知識がまとめられていく感覚を得られた瞬間。

事業部内の研修終了後の、最初の案件が思い出に残っています(先ほど述べた、つい先日終了したプロジェクトのことです)。この案件を振り返ると、研修と違う、と感じた点が二点ありました。一つは、納期が定められていること、もう一つは、最終的な成果物に対しての責任がある(例えば、なぜそのようなコードを書いたのか説明可能である)ということです。どちらも当たり前のことですが、お客様がいるから存在する仕事なのだと改めて認識する機会となりました。
また、この案件で楽しいと感じられたのは、バラバラだった知識がまとめられていく感覚を得られた瞬間です。研修で学んだことやプロジェクトの準備として学んだことが、実際の業務を通じてより理解が深まり、その知識が、また次の案件に活かされていくのは、とても面白いです。

So H3

Q5.これから挑戦したい仕事について教えてください。

お客様の要望を聞いて、システムの提案をするという仕事もやってみたい。

日々の業務において、自分の知識も技術も全般的に足りていないと痛感しています。案件にアサインされれば、そのたびに多くの未知の事柄にぶつかります。今は、目の前のプロジェクトに全力で取り組み、任せてもらえる仕事の量を増やしていけるよう頑張ろうと考えています。
また、研修を含めると、入社から現在までに、様々な言語を使っているのですが、つまみ食い状態になってしまっているので、特定の言語において、自信が持てるレベルまで極めてみたいと思っています。
将来的には、お客様の要望を聞いて、システムの提案をするという仕事もやってみたいです。お客様の仕事内容をより近くで感じられて、知ることのできる仕事に興味があります。

So Hからのアドバイス

就職活動中の学生へのアドバイス

就活は準備段階ぐらいに、気負いすぎずにとらえてみてもよい。

私はかなり遅い時期まで、就活をしていました。自分の中の軸(自分がやりたいことは何なのか)ということも、考えれば、考えるほどよくわからなくなっていきました。就活活動をされている皆さんの中にも、もしかしたら同じように悩んでいる方もいるかもしれません。私ができるアドバイスとしては、とにかく様々な分野の、いろいろな働き方をしている人に会って話を聞いてみたらどうか、ということです。案外、自分の知っている世界は狭かったんだと思えるだけでも、心に余裕ができると思います。
入社してから感じるのは、自分が何をしたいのか自分に問うことは、就活が終わってからも必要であるということです。実際に仕事をしてみて、自分の適性がわかるということも往々にしてあります。就活は、準備段階ぐらいに、気負いすぎずにとらえてみてもよいと思います。

リクナビ2023
リクナビ2023からエントリー
日本ラッド採用エントリー
当サイトからエントリー

PAGE TOP