日本ラッド株式会社採用

RECRUIT2023
日本ラッド株式会社 Takuya T
- 座右の銘 -
自分らしく。
  1. Home
  2. 社員インタビュー一覧
  3. Takuya T

PROFILE

Takuya Tのプロフィール

ビジネスインテリジェンス事業部

Takuya T

出身校
新潟大学 人文学部人文学科
趣味
YouTube、ドラマ、クレーンゲーム、ボードゲーム、外食、旅行。
予定のない休日は1日中家に引き籠り、YouTubeやドラマを見ることが多いです(ドラマは1日で1クール分見終えることも…)。
普段の食事はあまりこだわらないけど、外食をするときは手あたり次第あらゆるグルメサイトなどを調べ上げていいお店を見つける徹底ぶりです笑
                               

Interview

Takuya T1

Q1.入社した理由、きっかけ、決め手を教えてください。

日本ラッドの理念に共感し社風が自分に合っていた。

大きく分けて2つあります。
1つ目は、理念に共感したことです。
日本ラッドの理念は「顧客企業のホームドクターであれ」です。
IT企業ですから、開発して終わりではなく、その後基本的には保守があります。そのシステムが使われ続ける限り、常に顧客に寄り添うことになります。いつでも頼ってもらえる、そんな存在でありたいと思いました。
2つ目は、社風が自分に合っていたことです。
日本ラッド社内では、上司のことを「○○部長」「○○課長」と呼ぶことはありません。基本的に役職に関係なく「○○さん」と呼びます。それもあってか、近い距離で話しやすい雰囲気があります。
また、女性活躍等にも積極的に取り組んでいたり、福利厚生も充実しているので、様々な人が働きやすい環境があります。

Q2.主な仕事内容や雰囲気、先輩社員について教えてください。

垣根なく部署内の人とはどの人でも話しやすい雰囲気。

ビジネスインテリジェンス事業部では、BIツールの開発・保守を行っています。
現在は20名弱の比較的小さな部署で、少数精鋭ということもあり、垣根がありません(他部署だと課に分かれていることが多い)。そのため、部署内の人とはどの人でも話しやすい雰囲気があると思います。
少数精鋭なゆえにプロジェクトの掛け持ちをしている人も多く、忙しそうにしていることもありますが、何か質問したときには親身になって教えてくださいます。
今はほぼ全員在宅勤務で、顔を合わせることがなかなかありませんが、早くプロジェクトにアサインされ、本格的に一緒に仕事ができるのを楽しみにしています。

Takuya T2

Q3.現在担当している仕事について教えてください。

自分で実際にBIツールを使って理解を深めたりすることも仕事の内。

現在は新人研修が終わったばかりで、プロジェクトへのアサイン待ちの状態です。
そのため、お話しできるほどの仕事はあまりないのですが、週次ミーティングの議事録の作成を同期と隔週で行っています。
週次ミーティングでは、部署のみなさんが行っているプロジェクトの進捗や問題点が共有されます。みなさんの進捗を聞き、議事録の作成に携わることで、実際にプロジェクトにアサインされたときの仕事をイメージしています。
また、現在は取り扱っているBIツールのe-Learningも行っています。それと合わせて、自分で実際にBIツールを使ってみることで、BIツールの理解を深めているところです。

Q4.思い出に残る仕事、研修について教えてください。

研修を通して、身近に溢れているシステムが中ではどのようなプログラムで動いているのかを意識。

一番思い出に残っているのは、簡単なシステムを一から作り、テストまで行ったことです。
具体的には、データベースと接続し、ログイン認証から売上データの取り出しや書き込みなどができるシステムになっています。
テスト項目も仕様書を確認しながら作成し、一つ一つエビデンスを取りながらテストを行いました。
私は文系出身で、プログラミングの知識はもちろんコンピュータの知識もほぼありませんでした。しかし、入社してから様々な研修で知識を得て、時には同期などにも相談し、ここまで成長することができました。
研修を通して、身近に溢れているシステムが中ではどのようなプログラムで動いているのかを意識することにもつながりました。

Takuya T3

Q5.これから挑戦したい仕事について教えてください。

様々な開発案件に携わっていきたい。

今後は様々な開発案件に携わっていきたいと思っています。
プロジェクトを通して、課題解決に向け、「顧客のホームドクター」としてお客様に親身に寄り添っていきたいです。
また、親身に寄り添うという点で、少し早いかもしれませんが、来年再来年と入社してくる後輩への研修やフォローもしっかりしていきたいと思っています。
私のように、文系出身でプログラミングやコンピュータの知識がほぼない、右も左もわからない後輩がいれば、丁寧にわかりやすく教えることを心掛けたいです。そのためにも、今は教えられるだけの知識を付けられるようにできることから頑張りたいと思います!

Takuya Tからのアドバイス

就職活動中の学生へのアドバイス

就活は「船選び」。船は企業で、目的地は将来ありたい姿。

就活は「船選び」だと思います。
ある目的地へ行くための船選び。船は企業で、目的地は将来ありたい姿です。
船を選ぶ前に、まず目的地を決めます。どこに行くかわからなければ船も選べませんからね。将来どういうことがしたいか、どういう生活をしたいかによって選ぶ船は変わります。また、船での過ごし方(=どのように働きたいか)によっても変わります。
目的地や過ごし方が決まればいよいよ船選びです。一概に船と言っても様々です(ボート、豪華客船、ヨット、いかだ、艦艇、など)。日本には約400万社ありますが、全ての船には出会えません。出会えた船の中で、どの船なら目的地にたどり着けるか、理想的に過ごせるかを見極めるのが就活です。
よりよい選択のために、様々な企業に出会って、たくさん話を聞いてもらいたいなと思います。

リクナビ2023
リクナビ2023からエントリー
日本ラッド採用エントリー
当サイトからエントリー

PAGE TOP