日本ラッド株式会社採用

RECRUIT2023
日本ラッド株式会社 Yusuke F
- 座右の銘 -
思い立ったが吉日。
  1. Home
  2. 社員インタビュー一覧
  3. Yusuke F

PROFILE

Yusuke Fのプロフィール

第一ソリューション事業部

Yusuke F

出身校
慶應義塾大学 文学部 人文社会学科
趣味
音楽(鑑賞、演奏、作曲)
大学時代は、ビートルズ研究会というサークルでギターボーカルとしてバンド活動を行っていました。
また、仲間内で時折作詞作曲をすることもあります(ほとんどはコミックソングですが…)。
最近はバンドはやる機会がないのですが、たまにブルースバーに行ってはセッションに参加させていただいています。
全体に古めのロックやファンク、ことにブルースが好きなので、同じ趣味の方がいたらうれしいです。
                               

Interview

Yusuke F1

Q1.入社した理由、きっかけ、決め手を教えてください。

RADというIT企業に決めたのは「人」に惹かれたから。

もともと、文学部人文社会学科国文学専攻日本語学研究会、という、文系の権化のような私ですから、まさか自分がIT系の職に就くとは考えていませんでした。
そのような私が、RADというIT企業に決めたのは、「人」に惹かれたからです。
選考の際、採用担当の方は一人の人間として私の話を親身に聞いてくださいました。
最終選考でお話しした須澤社長からは、自身が高い実力を持ちながら、後進を育成することを考えていらっしゃることがひしひしと伝わってきました。
「この会社なら、面白い人と仕事ができるかもしれない」「きちんと評価してくれそうだ」と感じました。
そしてRADに入社することを決めました。

Q2.主な仕事内容や雰囲気、先輩社員について教えてください。

思っていたよりもずっと話好きな方が多かったのは嬉しい誤算。

私の所属する第一ソリューション事業部では、開発、運用、保守…などなど、を行っています。
皆さんが、「IT系」と聞いたときに想像する仕事内容に近いのではないでしょうか。
業務の性質上、普段は社外に出ている方が多い印象です。しかし、業務外のイベントなどで横のつながりを持てるので、連帯感は強いと思います。
全体的に穏やかな雰囲気ですが、入社前に思っていたよりもずっと話好きな方が多かったのは嬉しい誤算(?)でした。
質問に対してもウェルカムな姿勢で、答えが見つかるまで一緒に考えてくれるので、未経験で入社した私には非常に心強く感じます。

Yusuke F2

Q3.現在担当している仕事について教えてください。

大きなシステムの環境構築作業が主な仕事。

現在はお客様先での業務に取り組んでおります。
非常に大きなシステムの環境構築作業が主な仕事です。用意された手順書を自分の作業対象環境に読み替え、一つ一つ確認しながら実施します。
その結果をエビデンスとしてまとめ、問題なく実行されたかどうか、を丁寧に見ていきます。システム自体があまりに大きいため、最初はついていけるか不安でした。
今では一つずつ実務を行い、先輩方に教えていただくうちに、少しずつ理解が進んできました。しかしながら、まだまだ理解の及ばない点が多く、日々反省、勉強を続けています。

Q4.思い出に残る仕事、研修について教えてください。

「AI研修」も印象に。

思い出、といえば、C#で、自由にプログラムを組む研修が挙げられます。
私は電卓を作成したのですが、小数点の実装が難しく、非常に苦心しました。その分、同じグループの同期や、講師の方にアドバイスをもらいながら、ロジックを完成させた時の感慨はひとしおでした。
また、「AI研修」も印象に残っています。
説明だけでなく、新しい技術にどう向き合っていくか?という考え方も提示してくださったのが新鮮でした。
最後に「今後AIに奪われない職業とは何か」というディスカッションを行ったのですが、同期にもいろいろな考え方をする人がいてたいへん面白いものでした(皆さんも考えてみてください)。

Yusuke F3

Q5.これから挑戦したい仕事について教えてください。

切磋琢磨して「面白い」人材へと成長することが私の望み。

現在は、日々の業務に全力で取り組むことを考えています。
業務で知らないことにぶつかるたびに、自分の知識、技術力不足を痛感します。一日も早く、もっとたくさんの仕事を任せられるようになりたいと考えています。
将来的には、色々な人とかかわる仕事をしたいと思っています。
RADには個性的で技術的に尖った方がたくさんいますし、話すといつも刺激を受けます。そうした尖った方と切磋琢磨して「面白い」人材へと成長することが私の望みです。
そのためには、まず自分が肩を並べて仕事ができるよう、「尖って」いく必要があります。日々、勉強です。

Yusuke Fからのアドバイス

就職活動中の学生へのアドバイス

あえて考えすぎず一歩踏み込んでみること。

未来へ歩を進めることが楽しみで仕方ない、という方もいるかもしれませんが、やはり不安な気持ちがどこかにあるのではないでしょうか?
社会でやっていけるのか、どこにも入れなかったらどうしよう、自分の適性ってなんだ、そもそも自分ってなんだ…
終着点を設定せずに思考を巡らせると、ネガティヴな方向へと引っ張られてしまうものです。
まずは、あえて考えすぎず、一歩踏み込んでみることだと思います。
実際に行ってみないとわからないことはたくさんあります。思いもよらないところで、自分の長所が見つかったり、関心の持てることが見つかるかもしれません。
たくさんの人々の中に入り込むことで、自分の輪郭がわかることもあります。
とにかく飛び込んでみて、泳ぎながら考えるのもよいのではないでしょうか。

リクナビ2023
リクナビ2023からエントリー
日本ラッド採用エントリー
当サイトからエントリー

PAGE TOP