Nippon RAD Inc.
各種の外部映像信号を直接入力、オーバーレイ自由配置表示

DVP500x 4K60Hz 4:4:4対応 ビデオプロセッサ

  • Home
  • 映像
  • DVP500x 4K60Hz 4:4:4対応 ビデオプロセッサ
DVP500xイメージ

基本機能紹介

DVP500xシリーズはマルチディスプレイでの使用に特化した4K60Hz 4:4:4映像フリーレイアウト対応のビデオプロセッサです。
入出力は最大144入力(NTSCのみの場合、最大288入力)、72出力まで拡張可能となっており、設置環境に合わせて各種映像信号の入出力ボードを選択し、構成することができます。
またHDBaseTを直接 入力/出力することもできますので、ラック内の延長器/映像コンバータが削減できます。
もちろんHDCP認証にも対応しています。

* カタログダウンロードの目的(必須)

※当社の個人情報の取り扱いについてはプライバシーポリシーをご参照ください。

特徴

モジュラー型アーキテクチャー

設置環境に合わせて最適な入出力ボードを選択し、構成することができます。
最小4入力1出力 ~ 最大144入力(NTSCのみの場合、最大288入力)72出力まで拡張可能です。

DVP500x選べる3種類のベース筐体

多種多様な映像ソースをダイレクトインプット

下記映像信号を直接入力することが可能なため、マトリックススイッチャやスキャンコンバータ、延長器等の機器が不要となり、ローコスト・省スペースを実現します。

  • HDMI(4K60Hz 4:4:4、HDCP対応)
  • DVI(HDCP対応)
  • アナログRGB
  • コンポーネントビデオ(YPbPr)
  • コンポジットビデオ、S-ビデオ
  • 3G-SDI / HD-SDI / SDI
  • HDBaseT(Cat6~、専用送信器使用時 最大100m延長可能、HDCP対応)
DVP500x入力ボード

映像出力ボードをディスプレイ設置条件に合わせて選択可能

システム構成に合わせて必要な枚数の出力ボードを実装できます。 HDBaseTを直接出力することができるボードもあり、ラック内に送信器が不要です。

  • HDMI(4K60Hz 4:4:4、HDCP対応)
  • HDBaseT(Cat6~、専用受信器使用時 最大100m延長可能、HDCP対応 ※HDBase-Tは4K30Hzまで)
DVP500x出力ボード

シームレス オーバーレイ切替(自由レイアウト表示)

入力した映像ソースを自由レイアウト(PIP2,4,8)で表示できます。
表示映像はシームレスに切替え可能です。

DIVIP_オーバレイスイッチング

HDMI/SDIオーディオエンベディッド/アナログ オーディオスイッチャー対応

音声付きHDMI/SDI映像信号入力→アナログ音声出力、アナログ音声入力→音声付きHDMI/SDI映像信号出力にも対応
別途音声用スイッチャを用いることなく、本機にて音声スイッチャ制御を行えます。

DIVIP_オーディオ操作画面

リモート操作用アプリケーション

リモート操作用Webアプリケーション及び、タブレット向けのモバイルアプリケーションをご利用いただけます。

  • Webアプリケーション:DXWebControl
  • モバイルアプリケーション (iOS/Android):DXTabletControl
DIVIP_DIMAX制御用タブレット

操作アプリケーション開発向けAPIを搭載

標準提供のAPIを利用して短時間でのカスタムメードが可能です。

堅牢な冗長構成

リダンダント電源を標準搭載しており、堅牢で「止まらない」システムを構築可能です。

共通_デュアル電源

プレビュー機能

プレビューボードを搭載することでコンソール操作画面、ブラウザ操作画面、TCP/IPコマンドで入力映像のプレビューを表示できます。
大画面上に出力する前の入力映像ソース確認や現在の表示映像確認が操作画面上で行えます。

DVP500xプレビュー

映像入出力仕様

4U筐体 7U筐体 14U筐体
最大入力数 16入力 32入力 72入力
最大出力数 16出力(PIP2)
8出力(PIP4)
4出力(PIP8)
32出力(PIP2)
16出力(PIP4)
8出力(PIP8)
44出力(PIP2)
36出力(PIP4)
18出力(PIP8)
電源 デュアル電源 トリプル電源
リダンダント・ホットスワップ対応
制御 リモート: LAN、RS-232 / ローカル: LCDパネル、プッシュボタン

構成例

DIVIP4K60Hz構成図