Nippon RAD Inc.

DIVIP404K / DIVIP804KC 1.5Uコンパクトモデル
ビデオプロセッサ(4K)

  • Home
  • 映像
  • DIVIP404K / DIVIP804KC 1.5Uコンパクトモデル
DIMAX404K / DIMAX804KC 1.5Uコンパクトモデル マルチビジョンプロセッサ(4K)イメージ

基本機能紹介

DIVIP404Kは「4入力4出力」、DIVIP804KCは「8入力4出力」のビデオプロセッサです。
HDMI入力映像をアップ/ダウンスケーリング/切出しが可能で、4画面上にオーバーレイ表示できます。

* カタログダウンロードの目的(必須)

※当社の個人情報の取り扱いについてはプライバシーポリシーをご参照ください。

製品の特徴

4K映像の入出力に対応

入力ポートはHDMIx4/8を、出力ポートはHDMIx4(+CATx4)をサポートしており、入出力解像度は640x480から4Kまでに対応しています。また、HDCP認証機能にも対応しています。

入力映像を4面マルチスクリーンにオーバレイ出力が可能

入力映像のオーバレイ出力に対応しており4面マルチスクリーン上に4K映像を自由サイズで表示できます。(PIP2:1面あたり2オーバーレイ表示まで)

高品質 アップ/ダウンスケーリング

4面マルチスクリーン上の表示映像を拡大/縮小/部分表示できます。

音声スイッチャ機能も搭載

入力映像の切り替えだけでなく、アナログ/エンベデッド音声入力を指定のアナログ/エンベデッド音声出力ポートへスイッチング出力できます。映像切替と音声切替は独立制御が可能です。

LAN経由の制御

本体前面のボタンとLCDパネルによる制御に加え、LAN経由のリモートコマンド制御にも対応します。

仕様

型番 DIVIP404K DIVIP804KC
入力映像 HDMI (HDMI1.4、HDCP2.2 規格準拠、640x480~4096x2160 @30Hz)
音声:アナログ、L/R
HDMI (HDMI1.4、HDCP2.2 規格準拠、640x480~4096x2160 @30Hz)
音声:アナログ、L/R
出力映像 HDMI (HDMI1.4、HDCP2.2 規格準拠、640x480~4096x2160 @30Hz)
音声:アナログ、L/R
HDMI (HDMI1.4、HDCP2.2 規格準拠、640x480~4096x2160 @30Hz)
HDBaseT(CAT)
音声:アナログ、L/R
入力コネクタ HDMI端子:4系統
音声:Pheonixコネクタ3.81mm(3ピン) :4系統
HDMI端子:8系統
音声:Pheonixコネクタ3.81mm(3ピン): 8系統
出力コネクタ HDMI端子:4系統
音声:Pheonixコネクタ3.81mm(3ピン):4系統
HDMI端子:4系統
RJ45端子:4系統
音声:Pheonixコネクタ3.81mm(3ピン):4系統
外形寸法 幅435 mm×高さ67mm×奥行334 mm 幅435 mm×高さ67 mm×奥行334mm

外観図

DIVIP404K

前面図

DIVIP404K正面

背面図

DIVIP404K背面

DIVIP804KC

前面図

DIVIP804K正面

背面図

DIVIP804K背面